古着屋情報サイトF-STREET/2022年はリブランディングの年!リニューアル実施中!

USED MARKET NEXT51 MIKUNIGAOKA(堺市・三国ヶ丘)に行ってきた

PR

この記事を書いた人

AK@古着屋開業/アンタイノーム(@AKnovum)

USED MARKET NEXT51 MIKUNIGAOKA

NEXT51 三国ヶ丘店

NEXT51 三国ヶ丘店

PR

USED MARKET NEXT51 MIKUNIGAOKA(NEXT51 三国ヶ丘店)とは

堺市堺区三国ヶ丘駅より徒歩5分程。
近隣には桜珈琲や、雰囲気の良いランチができるお店が点在する、
そんな雰囲気の良い通りにて5年程前にオープンした大型店舗。

大阪の古着屋といえばまず、
アメリカ村、中崎町を思い浮かべる方が多いと思われる。
しかしNEXT51三国ヶ丘店様は堺市の数少ない古着屋の中でも、
点数とラインナップにおいては負けず劣らずの存在感。

点数についてはなんと25,000点もの古着を扱っている。

ラインナップについては、
店舗自体が珍しいshop in shopを展開しており、
各ショップにそれぞれ拘りの特色がある。
スタッフが拘り抜いた幅広いジャンルの古着が
軒を連ねている様相はもはや圧巻の一言。

ざっと紹介すると、

OCEANS51

手ごろな値段のセレクト古着を。

AGITO VINBTAGE

芯をとらえたアメリカ&ユーロヴィンテージ古着を。

JAMMNUTS

90sの良い時代のストリートブランドを。

DESIGN FOR LIVING

デザイナーズのアーカイブからマニア垂涎のアルチザンを。

といった格好である。
一方、1階にはレディースのヴィンテージやセレクト古着を扱う店舗や、
BAKERY51というカフェを併設している。

各店舗のラインナップはこってり油マシマシとしているに関わらず、
ファミリーでも気軽に立ち入りやすい雰囲気だ(妻子がいる私としてもありがたい)。
以下に各ショップの様子を紹介していきたい。

各ショップの様子

OCEANS51

数千円程度の手ごろな値段のアウトドアやセレクト系古着が軒を連ねる。
数も多くちょっとしたあれが欲しい、等といった際に最適だ。

AGITO VINTAGE

2階はアメカジヴィンテージ古着に特化したAGITO VINTAGE。
手ごろなヴィンテージ古着から40sのペインターパンツ
10sや20sといった、もはやアンティークのものまで
幅広い年代のヴィンテージ古着が点在し、内装からも店主の拘りをひしひしと感じる。

雰囲気抜群の外観。

豊富なコンバースの楽園(ラインナップ)

所狭しと軒を連ねるレギュラーアイテム、

ゴリゴリのヴィンテージデニムやペインターパンツ。

勿論ミリタリーアイテムも豊富。

JAMNUTS

90年代のストリートカルチャーを反映した、
良い雰囲気の内装作りが非常に味のあるストリートに特化したショップだ。

値段も手ごろなポロスポーツや豊富なstussyのTee、old vansといった
商品の拘りも感じられる。

polo sportsやstussy、 GAP等豊富に点在。

Design for living

アルチザンからモード、特にヨウジヤマモトに関するラインナップは
もはやコレクター垂涎と思われる。
拘り抜いたアイテムは見るからに希少価値がある物が多数軒を連ねており、
アルチザンやデザイナーズが好きな方であれば
もはや楽園といえる。

非常に雰囲気ある内装。

旧いヨウジヤマモトがずらり。

Yohji Yamamoto Pour Homme 95AW 名作鹿鳴館

代表的なアルチザンブランド
クリスチャンポエルが
壁に連ねる様相は圧巻。

圧巻のコムデギャルソンarchive

一方で、メゾンでも手軽な価格のドリスヴァンノッテンの
かっこいいシャツもあったりと、
非常に嬉しい(買うか悩みました)。

といった具合で、各ショップの商品や内装はかなり雰囲気よく拘りを感じることができる。
また手の届く値段の商品も多数点在していたりと
幅広い範囲で欲しい商品が見つかる可能性が高いと思われる。

BAKERY51

また買い物に疲れたら併設のカフェ、BAKERY51で一服すればよい。

イートインコーナーもあり、
買い物の一服や買取の待ち時間に軽く利用できそうだ。

メニューとしては、高級食パンを打ち出しており、
食パンはじめフルーツサンドやオムレツサンド、シュガーラスク等
メニューが豊富。

実食させていただいたことがあるオムレツサンドは
とろとろで個人的に大好きなやつだ。

イートインメニューも充実している。

個人的に気になった商品とポイント

AGITO VINTAGEでは拘りのアメリカ、ユーロヴィンテージが軒を連ねる。
その中でも気になった商品をいくつか紹介したい。

これはやばい(確信)。
00s のアンティークブーツだ。
最近ではもはや00sとえいえば2000年代をさすことが主流となっているが、
これは紛れもなく1900年代である。
なんとヴィクトリア朝時代にもさかのぼる希少な一足で、
レザーの状態も奇跡的に悪くなく
サイズもUS9とゴールデンサイズ。

これで5万円を切るとはなんということだろうか。
個人的にものすごくほしい。
そして店主の拘りを感じる説明文が買い手にとってはなんともありがたい。

非常に良心的である。

そして気になる二点目が、20sのスリーピングシャツ。

なんとも雰囲気が素晴らしい。
なおかつヴィンテージリーバイスをマニアックに知っている方にはなじみ深い、
アモスケイグ社製という点も興奮せざるを得ない。
しかも値段は2万円を切るという値段設定。

なんということだろうか。
脳裏に厚切りジェイソン氏を召喚し
「Why AGITO vintage!!」
もはや心中で叫ばざるを得ない商品とプライスだ。

・・・といった具合で、魅力的な商品が良心的プライスで多数点在している。
恐らくF-STREETの読者は古き良きヴィンテージマニアが多いことであろう。
これは足を運ばざるを得ないのではなかろうか。

お店の詳細

NEXT51 三国ヶ丘店

住所:大阪府堺市堺区向陵中町4丁4−4
営業時間:月-日 12:30~21:00(買取は20:00まで)
SNS:Instagram(next51_mikunigaoka)
WEB:公式ホームページ(https://next-51.com/mikunigaoka/)