古着屋情報サイトF-STREET/2022年はリブランディングの年!リニューアル実施中!

古着屋エバレット(福島区)に行ってきた

PR

この記事を書いた人

K編集長(@kzm_fst)

古着屋エバレットとは

古着屋EVERETT(エバレット)は大阪府福島区にある古着屋で前身はMAIDOBOX(マイドボックス)という古着屋さんでした。
最寄り駅はJR環状線野田駅と地下鉄千日前線の玉川駅。
そのマイドボックスのオーナーさんと、オンラインで古着を販売されていた水内さんがタッグを組んでオープンされたのが古着屋エバレットになります。

古着屋エバレット

アメリカンヴィンテージに強いマイドボックスと、トレンドを掴んだ古着セレクトに強みのある水内さんのタッグにより、古着屋エバレットのカラーが作られています。

エバレットレジ回り

共同オーナーでされていますが、この日は水内さんが店頭に立たれていました。

メジャーリーグが大好きで、高校卒業後。メジャーリーガーを目指し、アメリカ(LA)で野球をされていたそう。

この日は野球トークで大盛り上がりしました。

PR

店内紹介

エバレット店内画像

店内、そんなに広くはありませんが、10ラックちょっとのラックにシーズンに合わせたアイテムが整理されて並んでおり、商品点数と商品の見やすさと、ちょうど良い感じでした。

エバレットトルソー回り

取材日はサマーセール真っただ中で、夏物がほとんど全品50%OFFということで驚愕の安さでした。
Tシャツは500円から買える感じ。
つまり元々、値付けもかなり安い。
ローカル地区とはいえ大阪市内ですから、この価格は驚きでした。
中でもバンTeeとスポーツ、格闘技系のややパンクなプリントのTシャツがセール中とはいえ500~2000円ぐらいで並んでいるのはかなりのインパクトでした。

エバレットのおすすめ古着(吊り)

またトレンド感とUSメイドなどのバックボーンのある古着とバランスよくセレクトされていて、古着の楽しさの詰まった古着屋さんでした。

エバレットのおすすめ古着(平置き)

また秋冬は、予告的に表に一部掛けられていたのですが、スウェット類が豊富に入荷しそうな雰囲気。

秋冬もとても楽しみですね。

気になったアイテム

一番は水内さんがめちゃくちゃ気に入っておられたこちら。

バラックオバマTシャツ

バラック・オバマ元大統領のTシャツ。
一回目の2009年のヒラリーさんと争った時の選挙Teeっぽいですね。
なによりこのプリント。
オバマさん、アナーキーですね!
なんせYES WE CAN!のチャレンジャーの頃ですからね。


個人的にはこちらのTシャツ!

シカゴホワイトソックスTシャツ

シカゴホワイトソックスのもの。
2016年のもののようです。
なんと500円だったので、この記事用に撮影したのに結局買っちゃいました(笑)
このプリントも野球Teeのなかではだいぶロック。

これが500円ならそりゃあ買いますよね。

あと、こちらも撮影したのですが・・・

リンガーTシャツ

赤のリンガーTシャツ!

こちらは同行してくれていた妻が気に入って買っていました。

こちらも700円(1400円の半額)というビックリ価格でした。

お店の詳細

古着屋EVERETT(エバレット)

住所:大阪府大阪市福島区吉野4丁目13-13
営業時間:12:00~19:00
定休日:火曜日
SNS:Instagram(@everett_osaka_furugitwitter(@everett_co_jp)
WEB:ONLINE SHOP

YouTube

YouTubeでも取材させて頂いた動画をアップしております。

こちらも是非、ご覧ください。
あと、「K編集長-えふすと古着ちゃんねる」を是非、チャンネル登録してくださいね!!